いよいよ実際に登記するために必要書類を作成します。数がおおく嫌になるかもしれませんが頑張ってやり遂げてください。

登記を行うのに必要な書類は下記のとおりです。
法務局(登記所)への提出となります。

1:株式会社設立登記申請書

2:登録免許税納付台紙(白紙でも可)

3:定款・・・・公証人役場より交付された2通のうち、「謄本のほう」

4:確認書・・・経済産業大臣から創業者であることについて確認を受け交付されたもの

5:調査書・・・商法第173条ノ2第1項各号の事項についての取締役および監査役の調査を記載したもの

6:払い込み証明書と預金通帳の写し・・・引受株式について払い込みがなされたことを取締役が証明する旨の記載がある書面と、その払い込みが発起人代表者の預金口座に振り込まれたことを明らかにするため。

7:取締役会議事録・・・本店所在地の決定、代表取締役の選任決議をしたもの

8:代表取締役の印鑑証明書・・・代表取締役就任者が就任承諾書に押印した印(実印)について市区町役場が発行するもの。

9:登記用紙と同一の用紙・・・登記所で入手する。

10:印鑑届書・・・代表取締役が会社の実印として使用する印鑑を届け出るための用紙登記所で入手する。

11:就任承諾書・・・発揮人以外が取締役や監査役に就任した場合や取締役会において代表取締役を選任した場合には、原則として就任承諾書を添付。

12:財産引継書・・・現物出資がある時に作成する。

13:委任状・・・代理人に委任せず、代表取締役が登記を申請する場合は添付は必要ない

注意:
9、10は法務局所定の用紙、またはコンピューター用紙の場合もあるので事前の確認が必要。

>TOPへ戻る

カテゴリ