倒産などの経営危機に直面している会社に対しての支援制度

倒産危機に直面している企業に対して支援する制度は主に下記の団体などで行われている。

:商工会
:商工会議所

倒産防止と区別相談事業」という名称で、商工調停や弁護士などの専門家が、倒産の恐れのある企業に対して金融幹線の助言などを行い民事再生の法律相談などを無料で行っている。

全国で約280箇所以上で「倒産防止特別相談室」、「経営安定特別相談室」などの名称で相談に応じ、相談者の秘密も厳守されている。

また、相談によって「再建の見込みあり」と判断された場合は、「中小企業体質強化資金」を利用した各都道府県の資金を利用することができる。

貸付金額は1500万円からで都道府県が定める範囲内で借りる事が可能。

返済期間は3年以上7年以内となっている。

>TOPへ戻る

カテゴリ