これは銀行や信金などで信用保証協会の保証を受け借入がある場合が対象

従来では公的資金の借換は出来なかったが安い金利に借換することが可能となりました。
いくつかの資金を借りている場合も一本化にする手段として有効な制度。

借換方法には2通りあり、通常の借入による「一般保証」と
「セーフティネット保証」の2つとなっている。

保証額は一般保証の場合で2億円が限度
無担保の場合では8000万円まで可能

後述する「セーフティネット保証」に該当する場合は一般の倍額、
無担保の場合で1億6千万円までを限度として融資を受けられる。

保障期間は原則として10年(据置き期間1年間を含む)
保証条件は特にない。

>TOPへ戻る

カテゴリ