これから独立しようと考えてる人や、独自の商売アイデアを持っている人へ公的機関から資金を援助してもらえる制度です。

銀行などの金融機関では開業してから1年以上の実績がないと融資を受けれないなどの条件が厳しいが、公的機関ではこれから創業しようという人への支援があります。

国民生活金融公庫や各都道府県では創業者を対象に「創業者支援資金」などの制度があります。

国民生活金融公庫では「普通貸し付け」(開業資金)を設け開業者に4800万円まで貸し出しが可能です。

融資対象者は独立して事業を営む個人または企業が対象。
返済期間は運転資金6ヶ月の据え置き期間を含む5年以内。
設備資金が2年の据え置き期間を含む10年以内となっている。
金利は1,55%

>TOPへ戻る

カテゴリ