誰でも借りられてどんな業種でも借りれる制度の「普通貸付」について

この制度は運転資金、設備資金を問わずに事業のためなら借りられる資金。
ただし、ごく一部の業種によっては受け付けていない場合もある(パチンコ業、金融業)

国民生活金融公庫では「普通貸付」として資金の用途として仕事上必要な設備は個人、中小企業を問わずに借りることができる。運転資金、設備資金は問わず。

融資限度額は4800万円まで可能。
返済期間は設備資金で10年以内、運転資金は5年以内となっている。

据置き期間に関しては設備資金で2年間、運転資金で6ヶ月以内。
金利は1.55%となり原則として保証人を第三者保証人1人が必要となる。
ただし、担保を用意できる場合は保証人は免除となる。

>TOPへ戻る

カテゴリ