ここでは独立する、自らで創業する人を対象に行われる融資について説明します。

現実問題として創業間もない会社が民間金融機関へ融資の話をしても融資を受けられる保証は低いです。

理由は設立間もない実績のない会社では、金融機関でも多額の融資を行うにはリスクが高いからです。会社創業時には運転資金に苦労する会社でも実績を積み重ねれば融資を受ける対象にはなります。

創業当初は民間金融機関ではなく公的機関を利用して融資を申し込む方が融資を受けられる確率が高いのが現状と言えるでしょう。

以下、主な公的機関となります。のちほど当サイトでも詳しく各機関について説明を加えていますのでご参照ください。

1:国民生活金融公庫
2:都道府県制度融資
3:信用保証協会

>TOPへ戻る

カテゴリ